ナンパ記事

夜を越えて春は巡る(中編)-遊び心と戦略でリードする-

 

夜を越えて春は巡る(前編)-深夜ナンパで決死の連れ出し-

 

非日常の世界へ

 

深夜ナンパでなんとか連れ出すことに成功。

乾杯をして公園へ向かう。

 

会話の中でお互いを知っていく。

ここはまじめに答える場面ではない。

ユーモアと雑さを意識して話す。

よく笑ってくれる子だった。

 

 

そうして公園が見えてくる。

 

なっち「そこの公園」

はな「え、思ってたとこと違う笑」

な「思ったより微妙だなw」

は「絶対ここじゃない!笑」

な「まじか、次探すか」

は「でも公園の名前わかんないや」

 

どうやら違う公園だったらしい。

反応からしてここに留まるのは悪手だ。

だが、彼女の言う公園に行くのは難しそう。

グダグダになるのは避けたい。

 

どうする?

 

彼女の足元はスニーカー。荷物は少ない。

 

 

な「散歩好きっしょ?」

は「うん」

な「じゃあ桜見にいこ」

は「まだ咲いてなくない?」

な「だから探しに行くんだよ」

は「笑、いいよ」

 

花見には少し早いが、某スポットを目指すことにした。

この提案がどう転ぶかはわからない。

もうルーティンも何もない。

 

 

シーンが変わる。

繁華街を離れ、ひっそりした夜道を歩いていく。

笑い合う中で時々生まれる沈黙。

そこに居心地の悪さはなかった。

 

交差点に差しかかって僕は寄り道をする。

流れるように隣街へ入っていった。

本当にただの思いつきだった。

 

人はもうどこにも見当たらない。

いつもはうんざりするほど賑わうストリート。

だが、今はすっかり静まり返っていた。

昼とは全く違う表情を見せる若者の街。

 

それからさらに一本路地裏に入り込む。

 

 

そこには英国のような光景が広がっていた。

誰も知らない街へ来たようだ。

彼女の感度も悪くない。

 

真夜中だからこそ演出できる非日常感。

深夜ナンパの新しい発見だった。

 

いつも同じことをしていてはつまらない。

結果よりも新しい経験がほしくなる日がある。

刺激に飢えているのは自分だけじゃないはずだ。

 

遊び心や自由な発想が人生を彩る。

検索してもたどり着かない経験。

結果や再現性が全てじゃない。

 

 

感情が動くポイント

 

一方、雰囲気だけでは心の距離は縮まらない。

好意のサイン数や体の距離感でイケるかはわかる。

彼女は雰囲気で押せるほど簡単ではない。

まだ彼女の内面に入り込めてはいなかった。

 

 

恋愛、仕事、お金、人間関係。

僕は彼女の感情が動くポイントを探していた。

 

人付き合いで困ったことがないという彼女。

それはコミュ力の高さや余裕からも理解できた。

苦手な人との距離の取り方も知っている。

人間関係や仕事に不満はない。

一方、恋愛については表面上の話までしかできなかった。

 

明るさとは反面、警戒心が強く見える。

その後を臭わせるトークは逆効果でしかない。

ギラつきはもちろん、ハンドテストもしない。

クロージングはかけるべき時に一気にいく。

 

 

そうして歩いていると花見スポットに到着。

しかし、桜は咲いていない。

 

彼女との距離はまだ遠い。

突破口が見えないまま繋がったケースはない。

展開を変える必要があった。

 

 

突破口

 

少しベンチで休憩することにした。

冷静になって次の手を考える。

 

相手の内面の仮説を立てる材料の1つに、

”どのような育てられ方をしたか”というものがある。

そこで僕は家族の話をすることにした。

 

育ちが良さそうという話の流れから繋げる。

そこで彼女は家族の話を明るく語ってくれた。

ヒットしたかもしれない。

 

「家族と同じような家庭を作りたい」

「お母さんみたいな人になりたい」

「なんだかんだお父さんのような人が好きかも」

 

両親から大切に育てられたことがわかる発言だった。

素直にそんなことを言える子は素敵だと思う。

苦労話よりも未来の話をする方が良さそうだ。

 

そして将来の話、恋愛の話にシフトしていく。

彼女からの会話量が増えてくる。

さっきよりも声に感情が乗っている。

この状態になったら上手く聞き手に回るだけだ。

 

 

実は、最近別れたばかりだと言う。

このタイミングで出会えて僕は本当に運が良かったのだろう。

 

元カレは経済力、学歴、職業、家柄、全てが超一流の男。

去の男もレベルが高かった。

経営者や某有名Youtuber。

経済力、影響力が億レベル。 半端ではない。

 

だが、ここで感心してはいけない

大多数と同じ思考では差別化できない。

 

話は聞いてあげるというマインドで良い。

同じ土俵で話しても消耗するだけだ。

簡単に感心しない方が精神的に優位に立てる。

 

それが功を奏したのか、話は止まらない。

次第にネガティブな話も出てくる。

 

話が面白いのでつい聞きいってしまいそうになる。

だが、最後まで話し込むと満足して帰られる。

ここでお腹いっぱいにしてはならないのだ。

 

また会える保証は全くない。

会えたとしても男として見てもらえないことがある。

何度も経験した苦い記憶が自分をハッとさせる。

 

まだ足りないぐらいでちょうどいい。

てきとうなタイミングでベンチを立つ。

もう少し回ってみようと提案。

確信はないがこのまま留まるよりはいい。

 

 

 

そうして歩いた先で桜を見つける。

満開ではないが、確かに咲いていた。

 

綺麗だね、と言う彼女が微笑ましい。

 

桜を撮る彼女。

それを撮る自分。

 

は「ちょっとw」

な「まちがえたわ」

は「やめて笑」

な「じゃ、一緒に撮ろ」

 

お互い写真を撮るのが下手だった。

 

な「センスねえなw」

は「私の方が上手いからw」

 

そうやって写真を何度も撮り直す。

ベタなやりとりだが、楽しい。

 

 

勝負をかけるタイミング

 

始発の時間が近い。

そろそろ勝負をかけなければならない。

 

 

な「雨ふってきた」

は「え、ほんとに?」

な「コンビニ行くか」

は「うん」

 

突然の雨。

 

わかってる、このタイミングだ。

状況は上手く利用する。

ここで決めるしかない。

 

 

少し歩いて道路に出る。

僕はタクシーを止めた。

そして、運転手に目的地を告げる。

 

行き先はコンビニではない。

 

 

彼女は特に何も言わない。

体の距離が近い。

 

 

そうして家へ到着する。

 

夜通し歩いたせいか、二人とも疲れていた。

ベッドへ誘導し、頭をなでるも抵抗はない。

そして彼女にゆっくりキスをした。

 

 

抵抗はない。確定した。

 

 

僕は息を呑んだ。

脳梁がブチ切れるほどに興奮する。

なだれ込むように彼女を抱いた。

目の前で乱れる姿に完全に理性がぶっ飛ぶ。

 

最高なんて言葉じゃ足りない。

顔も、髪も、肌も、体も、声も、求める姿も、全てが美しい。

 

何度果ててもまるで尽きる気がしない。

有り余るほどのエネルギーがみなぎっていた。

 

これほど興奮できることは他にそうはない。

性欲を超えて、達成感、征服感、全能感、あらゆるものを満たしてくれる。

 

「もう死んでも構わない」

 

一言で表すならそんな言葉になるだろう。

いつの時代にも女に狂う男がいるのも理解できる。

 

 

急展開

 

起きてからも何度も体を重ねた。

既に日が沈む時間になっていた。

時間の感覚がなくなるのは久しぶりだ。

 

そして、彼女の帰る時間が近づいていた。

 

 

このまま会えなくなるのだろうか。

ナンパでの出会いは希薄になりやすい。

追ってはいけないのだが、なんとなくでは繋がらないのだ。

それはレベルが高い女性ほど痛感する。

 

 

沈黙ができる。

何も言わず、僕は彼女を抱きしめた。

 

 

「はな」

 

「ん?」

 

「離したくねえわ」

 

 

彼女の反応を待つズルい自分がいた。

正直余裕はない。

精一杯の表現だった。

 

 

「…愛してくれてもいいよ?」

 

 

その言葉に僕は頭を撃ち抜かれた。

 

 

ABOUT ME
なっち
自信について追求しています。 身長150台。ホスト経験あり。 ストリートナンパのみで3ヶ月連続10get、計100get以上。