ナンパ記事

夜を越えて春は巡る(前編)-深夜ナンパで決死の連れ出し-

 

運命の出会いは突然やってくる。

それは深夜ナンパであろうと例外ではない。

 

深夜ナンパで美女と出会う

 

春はナンパの季節だった。

反応の良さは年間を通しても最高潮。

旅行者や上京者も多く、街もどこか浮かれていた。

 

そんな時期に都心に少しだけ家を借りる。

思えば、毎年新鮮な気持ちで春を迎えていた。

 

ナンパするなら都心住みが最強だ。

その恩恵は住んだ人だけが知っている。

 

 

 

初日は家に向かう途中で声をかけた。

上手く事が運び、タクシー家搬送からクロージング。

やけに調子が良い。

 

良い子だったのでついゆっくりしてしまう。

気づけば日付が変わっていた。

 

女の子を送り、帰宅すると疲労がどっと押し寄せてくる

普段ならそのまま眠りにつくところだ。

 

だが、休日を前にして眠るわけにはいかない。

ここで寝たら後悔する。

乱れた髪をセットして出かける準備をした。

 

今日はまだいける気がしていた。

家という最強の武器を使わない手はない。

僕はそうして街へ戻っていく。

 

何事も迷ったらGOだ。

 

 

既に時刻は2時を回っていた。

繁華街とはいえ深夜にソロの子は少ない。

クラブに切り替えようかと思った矢先のことだった。

 

??「おう、なにしてんの?」

 

突然声をかけられる。

輩に絡まれたわけではなかった。

 

僕が尊敬するナンパ師だ。

なかなか会えない方との再会にテンションは急上昇する。

そんな出会いもストリートの醍醐味かもしれない。

 

パワーをもらって再び街を回る。

そのおかげかチャンスはすぐに来た。

 

 

 

 

前方から女の子が1人。

 

空気が変わる。

 

見た瞬間に飛び込んでくる、本能で感じるかわいさ。

 

 

スラッとした長身に白く透き通る肌。

端整な顔立ち。乃木坂とロリのハイブリッド。

文句なしの自分好みの美女だった。

 

名前は、はな(仮名)とする。

 

アプローチ冒頭

 

なっち「やば。大丈夫?」

はな「?」

な「足元ふらつきすぎじゃん」

は「え、全然」

な「ほら、まっすぐ歩いて」

は「歩いてるからw」

な「よかった、全然元気そうじゃん笑」

は「うん笑」

 

少し笑った彼女に期待が高まる。

 

前方から声をかける時は遠めから。

あれこれ言うよりシンプルに。

ごちゃごちゃしない方がいい。

落ち着いて言う方がよっぽど大事。

 

な「飲んでたんだ」

は「うん」

な「お、一緒じゃん」

は「ほんと?」

な「さっきまでそこで飲んでてさ」

は「へえ」

な「興味ねえなw」

は「うんw」

 

な「つかこの時間に1人か」

は「そう」

な「ハブられちゃったん?」

は「違う笑、みんな帰っちゃって」

な「良かった笑、いつも朝までオールしてんのにね」

は「そうでもないよ」

な「でも解散早かったじゃん」

は「そうなの」

な「もの足りなそうな顔してる」

は「べつに笑」

 

な「歩いて帰るん?」

は「うん、今日はそうしようかなって」

な「まじで、俺もなんだけど」

は「そうなの?笑」

な「そうそう、ここから近いん?」

は「40分ぐらいかかる」

な「遠すぎ!笑 何目指してんの」

は「遠いよね笑」

な「がんばるじゃん笑」

は「いいの、酔いさましたいから」

 

ちゃんと答えてはくれるが少し素っ気ない。

 

ユーモアを入れながら状況を掴む。

表情や言動を拾えるといい。

一緒じゃんとか、俺も系の返しをよく使う。

切り返しが浮かばない時にとっさにつなぐ。

会話につまるよりはマシだ。

信じてくれたら共通点になるし、そうでなくとも会話は広げやすい。

 

 

な「つか仕事帰りかと思ったわ」

は「そう?」

な「夜感出てね?笑」

は「よく言われるwなんで!」

な「ちがうん?笑」

は「失礼じゃん!めっちゃ言われるんだよね」

な「なんでやろ、そのファーとバッグ?」

は「そこか〜」

な「あと、顔」

は「ひどい!笑」

な「褒めてんのにw」

は「褒めれてる気がしないw」

 

ヒットした。

テンションが上がってくる。

 

”相手に関係があるもの”を拾って会話を広げる。

言動、表情、心情、ファッション、持ち物、周りの人、周りの物、etc。

上手くヒットすれば興味が出てくる。

 

拾うことも広げることも両方重要だ。

上げたり落としたりできると、相手をコントロールしやすい。

 

インプットに観察力、そしてアウトプット。

知識と経験がものを言う。

非モテとモテ出身の差が大きく出る。

僕も頭の回転は早くない。

汎用性のある褒めパターンや、年齢確認ルーティンで会話をつないでいる。

 

どこまで踏み込んでいいかは人によって違う。

その空気感を読まないと痛い人になる。

 

一方、踏み込まないと何も始まらない。

 

これは失敗しながら感覚を養うしかなかった。

非モテは避けては通れない道。

たくさん失敗できるのはナンパのいいところだ。

 

決死の連れ出し打診

 

それから3分ほど話しただろうか。

テンションが冷める前に連れ出し打診。

 

な「そこのバーあるやん」

 

 

すぐ近くのバーを指差す。

 

な「ここのドリンクやばいんよ」

は「なに笑」

な「あと店員もやばい」

は「どういう笑」

な「ほんと笑 つかもっと話したいし、軽く寄ってこ!」

は「えーいいよ別に」

な「いくぞ!笑

は「いかない笑」

 

 

は止まらない。

笑ってはいるがゆるやかな拒否が続く。

焦っているとろくなトークが出てこない。

和み直すのも手だが、これ以上グタグタするのは避けたい。

キツいパターンだ。

 

だが、ここでLINE打診をするのは違う。

相手に予定はなく、もう帰るだけ。

絶好のチャンスだった。

オープンしたのもきっと彼女の気まぐれだ。

これほどタイミングに恵まれることはない。

 

家に帰れば冷静になってしまう。

ここで連れ出せなかったら、アポなんて組めるわけがない。

この子とのチャンスは二度とやってこない。

 

 

久々に出会った美女。

もう少しだけ話がしたい。

どうか勝負をさせてくれ。

ここで縁が切れるのはあまりにも惜しい。

 

 

な「・・・待って。一回考えるわ。」

 

 

自分が止まって緩急をつける。

流れは引きづらない。

ジェスチャーを交えて、目と表情で相手に訴える。

 

 

はな「うん?」

 

 

立ち止まってくれた。

 

 

全身の細胞が躍動する。

ここで止まるなら入り込める余地がある。

 

 

 

な「別にここじゃなくていいわ。そこで酒買おう。1杯サクッとさ」

は「どこで飲むの?」

な「深夜だし公園いこ!今日あったかいしさ!

は「それは新しいね笑」

 

バーより好反応。

変化球が興味を引き出したのか。

心理的抵抗は下がっているように見える。

ここは一気に畳みかける。

 

マインドは、媚びない、お願いしない。

 

必死感を出さないように理由づけをする。

 

 

な「外の方が安心っしょ?すぐ帰れるから」

は「まぁそうだね」

な「つまらなかったら速攻帰ればいいよ」

は「うん」

な「深夜の公園今いい感じだからさ」

は「知ってるとこかな?」

な「そっちの方。ここからめっちゃ近い」(近くはない)

は「どこだろ」

な「答え合わせするぞ!笑」

は「まぁ一杯ぐらいならいいよ笑」

 

 

 

通った。

 

美女の連れ出しが確定する瞬間はブチ上がる。

いけるかもしれないという期待感。

脳内麻薬がドバドバに出る。

 

 

 

コンビニへ連れ出し。

 

な「やっぱシャンパン?」

は「シャンパン?笑」

な「いつも飲んでるじゃん」

は「飲んでないわw」

 

夜感出てるという特徴。

盛り上がったネタは使い回す。

 

そのままお酒を選ぶ。

はなはストロングゼロ500mlを選択。

コイツは飲むタイプだ。

 

自分も即決でストロングを選ぶ。

あまり酔いたくないが、ここでほろ酔いを選んではいけないのだ。

価値観の不一致による減点は避けたい。

 

缶のフタは開けてあげて、サッと乾杯。

 

そうしてゲームが始まった。

 

夜を越えて春は巡る(中編)-遊び心と戦略でリードする-

 

ABOUT ME
なっち
自信について追求しています。 身長150台。ホスト経験あり。 ストリートナンパのみで3ヶ月連続10get、計100get以上。